Q&A 賃貸契約編

部屋を借りる際に必要な情報をお届けします。


賃貸契約のキャンセルってできるの?

できます。いったん借りるということで話が進んでいても都合が悪くなってしまった場合には早めに連絡してくれればありがたいですね。あまり遅くなってしまうと大家さんに迷惑がかかることになりますので。キャンセル料などはかかりませんので、とにかく電話でもかまいませんので早目に連絡をいただければ。ただし、いったん契約書を取り交わしてしまった場合はこの限りではなくなります。このあたりは常識の範囲内で判断いただければ問題ないと思います。

           

不動産屋に行くときのおすすめの時間帯・曜日などはありますでしょうか?

当店は朝の9:30〜18:00まで営業しているので、その時間帯にお越しいただければ。水曜日はお休みになっています。

           

学生ですが、契約は一人でできますか?

契約そのものは一人でもできますが保証人が必要になります。学生さんだと親御さんが保証人とになることが多いですね。この保証人は学生さんだけでなく部屋を借りる際には全員必要となるものです。書類を書いたりなどの契約手続きそのものは学生さんひとりでも大丈夫です。

           

賃貸契約の簡単な流れを教えてください

申込書に記入(保証人、職業、年収などの情報を記入)
 ↓
当店による審査
 ↓
審査後に大家さんに連絡
 ↓
大家さんの意志を確認後、結果を通知(ここまで2〜3日くらい)
 ↓
記入いただく書類を当店より郵送
 ↓
契約 以上のような流れになります。契約の際には最終的な意志確認なども行いますので必要書類に記入・押印などをしていただいて当店にお越し頂いての契約ということになります。

契約に必要なお金は何ですか?またいくらくらいかかるのですか?

礼金1〜2ヶ月分、敷金1〜2ヶ月分、前家賃1ヶ月分、手数料1ヶ月分(5%の消費税がかかります)という感じになります。物件によって何ヶ月分かかるかは異なりますが、おおむね家賃の4〜6ヶ月分が最初に用意していただく金額の目安ということになります。大家さんが部屋を貸すことを了解してから1週間後くらいで契約書を取り交わすことになりますので、その際に上記の金額をお支払いただくことになります。直接、現金を持ってくるのに抵抗がある場合は振り込みもできますが、その場合には1〜2日前にあらかじめ振り込んでいただくようお願いしています。

           

申込金、手付金とは何ですか?

手付け金は当店では一切お預かりしていません。かつては業界全体の習わしとしてそういうのものがあったようですが、今は手付け金を預かるのは厳密に言うと法律違反になります。ですから当店では手付け金は一切お預かりしておりません。お店によっては申込金などと名前を変えて続けている場合もあるようですが。

手付け金とはそもそもお客さん(借り主)が他の物件に目移りしないように預かるものです。手付け金をいったん支払ったお客さんはその物件で決めてしまうことがほとんどです。手付け金は正式な契約時の際に前家賃などに充当して返還するとしている場合が多いからです。契約しないとこのお金が返ってこないわけですし、元々借りる意志がなければ手付け金を払うこともないので、通常はそのまま契約になることがほとんどです。ただし、どうしても契約に至らない理由が発生した場合に返還をめぐってトラブルになることもあるようです。こういったことを回避するために現在では手付け金制度をなくすことになったのだと思います。

           

契約に必要な書類や持ち物があったら教えてください。

契約者本人の給与明細書または納税証明書、住民票、認め印、保証人の印鑑証明書と実印、保証人の連帯保証人引き受け承諾書、契約金、(敷金、礼金、前家賃、手数料などを含む)などです。あらかじめこちらから契約書などの書類を郵送してあった場合にはそれらの書類に必要事項を書き込んで押印してお持ちいただく必要があります。

必要となる書類などを記入した「書類送付ご案内」という用紙を当店では用意しております。物件を見に当店に来ていただいて申し込みの意志がある場合にはその場でお渡ししていますし、ご希望があれば郵送もしております。その用紙を見ていただけばご用意いただくものが分かるようになっております。

         

連帯保証人は契約の際に同席しなければなりませんか?

連帯保証人に用意いただく書類に不備がない状態で契約者の方にお持ちいただければもちろん契約はできますので無理に同席いただく必要はありません。ただ、契約者と連帯保証人が同時に来ていただければ何かと話が早いので連帯保証人の方にも一緒に来ていただければありがたいですね。

        

重要事項説明書とは?

契約する物件の詳細を書いた書類のことです。その物件の詳細を確認するために使います。台所や風呂場はどうなっているか、築何年かなど物件の細かい現状が書いてありますのでそれを逐一、確認していただきます。この重要事項説明書は契約前に2通作成して契約者と当店で保存することになっています。

           

入居審査って何?

賃貸契約を希望いただいた場合、契約の手続きを始める前の段階で職業や年収を教えていただいて入居可能かどうか審査させていただいております。こうした審査をするのは入居後も家賃をしっかり払って頂ける状況なのかを確認するためです。審査の基準は物件によって大家さんも違ってきますので多少、異なる場合があります。水商売などをされていると大家さんが嫌うことが多いかもしれませんね。

           

おとり広告って何?

実際にはないのに良い条件の物件を広告に出して問い合わせをしてきたお客さんには別の物件を勧めるなんていうことをしている不動産屋もいるみたいですね。当店ではそういったことは一切していませんのでご安心ください。

           

今のアパートを友人にまた貸しすることってできるの?

原則としては難しいでしょうね。大家さん次第の部分もあって、大家さんが承諾すればできますが、そういう場合はあまりいないでしょうね。無断で又貸しすると契約違反になりますので、そういった希望がある場合はまずは相談いただきたいですね。

           

仲介手数料とは何でしょうか?

当店のような不動産業者は部屋を貸したい大家さんと部屋を借りたい方とを仲介することが仕事です。賃貸契約が成立して、双方にご満足いただけた時にいただく報酬が仲介手数料ということになります。契約時にお支払いいただくお金のうち、礼金、敷金、前家賃は大家さんに支払って頂く分になりますが、残りの分が仲介手数料ということになっていまして、当店では家賃1ヶ月分相当+消費税5%分の金額をお支払いただいています。

           

ページトップへ

サイトMENU

Copyright (C) 大善土地建物 All Rights Reserved.